美味い日本酒が飲める店に行ってみよう! - 三軒茶屋 赤鬼編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おいしい日本酒ってどこで飲めるの??

日本酒を飲み始めたばかりの方にとっては、こういった疑問が湧いてくるのは当然ですよね。

一番お手軽な方法は食べログで地名を入力した後、「ジャンル・店名・TEL」の部分に「日本酒」といれて検索し、評価の高い店を見つける方法。

私もちょくちょく利用していますが、口コミの内容を見て判断すれば大きな失敗はしないはずです。

もう一つは、おすすめの店を紹介している日本酒関連の書籍を読むこと。
著者はかなりの酒好きであることが予想されるので、これはほぼ間違いありません。

最後に、酒好きの人に教えてもらうこと。直接色々聞けるので、酒好きの人が周りにいるのならこの方法が一番ですね。


さて今回は「世界一旨い日本酒 熟成と燗で飲る本物の酒」の中でも紹介されている三軒茶屋にあるお店へ、東京の知人と行って来ました。
それは、全国の銘酒100種類以上と幻の酒「十四代」が全種類飲める店、「赤鬼」です。

赤鬼

三軒茶屋駅から徒歩5分、これが赤鬼の入り口です。鬼の看板が目立ちますね。

赤鬼ぐい呑み

カウンターテーブルに座ってさっそく日本酒を注文。
「乾杯はビールで!」というのが一般的ですが、日本酒が美味い店に行くのであれば、ぜひ乾杯も日本酒で。

ここから様々なお酒の種類について述べていきますが、「純米」「吟醸」「生酒」「原酒」という言葉をご存知でない方は、まずはこちらをご覧下さい。
おいしい日本酒に巡り会うためにこれだけは覚えておきたい2つのポイント
生ビールもいいけれど、たまには生酒はいかが?
原酒を飲んでみよう!普通の日本酒じゃ物足りないというアナタへ

雪の茅舎

一杯目は、秋田県齋彌(さいや)酒造店の「雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ) 純米吟醸 生酒」です。

その名は茅ぶき屋根の農家が点在している冬景色からつけられたそう。
さわやかで飲みやすく、するすると喉に入っていきます。

【楽天】雪の茅舎 純米吟醸 生酒(無濾過生原酒) 新酒搾りたて 1800ml
【Amazon】雪の茅舎 純米吟醸 生酒 1800ml

赤鬼 刺身

そして赤鬼自慢のお刺身が運ばれてきました。中トロ、アイナメ、ホタテ、ウニ、シマアジ等が盛られていてこれがまた美味しい。
予約の電話の際に、刺身を注文するか聞かれるのでぜひオーダーを。赤鬼へ頻繁に行かれる場合は、刺身会に入っておいた方がいいかもしれません。

南部美人

続いては、岩手県株式会社南部美人の「南部美人 純米吟醸 生酒」です。

蔵がある岩手県二戸市は昔から「南部の国」と呼ばれており、そこで綺麗で美しい酒造りをしたいという想いから「南部美人」と名付けたそうです。
フルーティーな香りをまとい、フレッシュな味わいを届けてくれます。

【Amazon】南部美人 純米吟醸 720ml
【楽天】南部美人 純米吟醸 生酒720

赤鬼 たらこの粕漬け 赤鬼 アジの唐揚げ

たらこの粕漬けやアジの唐揚げなど、酒の肴もどんどんすすみます。

十四代 純米 無濾過

そして名物にもなっている山形県高木酒造の「十四代 純米 無濾過」。
なかなかお目にかかれない貴重な一杯、ありがたくいただきました。

【Amazon】十四代 [新]中取り純米 無濾過(むろか)1.8L 高木酒造
【楽天】十四代 【新】中取り純米 無濾過

十四代 赤鬼プライベートブランド

ここでしか飲めない十四代の赤鬼プライベートブランドというのもあるのですが、入荷は5月以降になるので今回は飲めませんでした。
(写真は前回行った時のものです)

仙禽 純米大吟醸 無濾過生原酒

続いて、栃木県株式会社せんきんの「仙禽(せんきん)亀の尾50」。名前が面白いので注文してみました。

「亀の尾」というのは使われているお米の種類、50というのは精米歩合を指します。

亀の尾は1970年代にはほとんど栽培されることがなくなっていたのですが、新潟県久須美酒造が昔ながらの亀の尾の日本酒を復活させたいという想いから、たった1500粒の種子を元に1983年には醸造に足る量を得て復活させたというドラマがあります。

【Amazon】仙禽(せんきん) 純米吟醸50 亀の尾 FIRE 中取り無濾過原酒 1.8L
【楽天】【甘味と酸味の絶妙なハーモニー】仙禽〔せんきん〕 FIRE 無濾過原酒中取り 亀の尾50

辻善兵衛 純米吟醸  生原酒 雄町 槽口直汲み

最後は、栃木県辻善兵衛商店の「辻善兵衛 純米吟醸 生原酒 雄町 槽口直汲み」
「雄町」というのはお米の種類、「槽口直汲み」というのは、「槽(ふね)」と呼ばれる圧搾機からでてくる出来たての酒を汲んだものという意味です。

こちらもなかなか手に入らない貴重な一杯、締めくくりにふさわしい銘酒でした。

100種類以上もあると、正直どれを頼んでいいか迷ってしまいます。

そんな時は店員さんにおすすめを聞くもよし(日本酒にこだわっているお店ならたいてい丁寧に教えてくれます)、名前で選んでもよし(今回仙禽は名前で選びました)、生産地で選んでもよし(知人が岩手出身だったので南部美人を選びました)、楽しみかたは様々です。

ぜひ一度、銘酒居酒屋へ行ってみてください。敷居は高くないですよ!

Pocket