ボジョレーヌーボーもいいけれど、秋の日本酒「ひやおろし」を楽しもう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん「ひやおろし」という言葉、ご存知ですか?

ひやおろしとは、冬に醸造した日本酒を春・夏と酒蔵で熟成させ、秋に出荷するお酒のことです。

通常は出荷前に「火入れ」といって加熱殺菌処理をするのですが、ひやおろしの場合はその火入れをしません。
冷えたままおろすので「ひやおろし」という名前になったそうです。

火入れをしていないので、熟成された風味が損なわれることなく存分に楽しむ事ができます。
ただ、冷蔵保存が必要ですので気をつけてくださいね。

そしてひやおろしの味の特徴は、なんといっても熟成されたまろやかな旨み。
バランスが良いので日本酒初心者の方にもオススメです。


そんなひやおろしの中で、今回手に入れたのは静岡県大村屋酒造の特別純米酒鬼乙女 幸(さち)です。

鬼乙女 幸

純米酒の意味については下記の記事を参考にして下さいね。
おいしい日本酒に巡り会うためにこれだけは覚えておきたい2つのポイント

この酒は友人の結婚式で静岡県に行った際にたまたま見つけたのですが、このラベル、インパクトありませんか?(よーく見ると頭に角が生えてます)
しかも名前が「鬼乙女」、めずらしかったのでついつい購入してしまいました。

大村屋酒造の方に色々お話を伺ったのですが、鬼乙女はシリーズになっていて、

鬼乙女 夢

鬼乙女 恋

という商品もあります。

個性的な名前とラベル、そしてシリーズ物とは、いやはやよく考えられていますね。

幸を飲んだ感想ですが、香りはおさえられていて料理の邪魔をせず、バランスの取れたピュアな味わいでした。
サンマを食べながら飲んだのですが、油っぽくなった口をさっぱりさせてくれるので相性も抜群。
秋の味覚と秋の日本酒、たまりませんね。

いかがでしたでしょうか、ひやおろしに興味を持っていただけましたか?
秋といえばボジョレーヌーボーだけでではなく「ひやおろし」もぜひ覚えておいてくださいね!

他のひやおろしも知りたいという方は、下記のサイトのランキングをご覧ください。
1,391名が選んだ!今、美味しい「ひやおろし
鬼乙女も11位にランクインしてますね!

Pocket