冷酒と熱燗だけじゃない!温度の違いでこんなにも楽しめる日本酒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鳥光 熱燗_1
鳥光 熱燗_1 posted by (C)きんちゃん

寒くなってきましたね~、そして日本酒好きにとって冬といえば燗酒ですよね^^

日本酒は冷やしておいしい、常温でもおいしい、そして温めてもおいしいなんとも珍しいお酒です。
(もちろん商品によって冷やした方がいいか、温めた方がいいかかは異なりますが)

世界には様々なお酒がありますが、日本酒ほど温度によって味わいが異なるお酒はありません。


温度とそれに関連する名称について、明確な定義はないのですが、Wikipediaに掲載されている名称がこんなにもあります。

飛び切り燗 55度前後
熱燗 50度前後
上燗 45度前後
ぬる燗 40度前後
人肌燗 37度前後
日向燗 33度前後
冷や 常温
涼冷え 15度前後
花冷え 10度前後
雪冷え 5度前後

いかに日本酒が温度にデリケートなお酒かということが分かりますね。
ただ、これを全部覚えるのはちょっと大変です。

ポイントとして覚えておいて欲しいのは、「冷や」は常温だということ。
冷蔵庫のなかった時代、温めた酒を燗と呼び、それ以外を冷やと呼んだのが始まりだそうです。

あとは「ぬる燗」という言葉もぜひ覚えておいて欲しいと思います。
熱々に温めたらいいというものではなく、ぬるめがおいしいお酒もあるんですよね。

さて、では家で燗をしたい場合にどうすればいいのでしょうか。

本格的にやろうと思ったら、専用の機器や徳利が必要ですが、たいていの家庭にはそのようなものはないでしょう。
そのような道具がなくてもちょっとした工夫で燗酒を楽しむことが出来るのでご紹介させて頂きます。

燗にするのは愛知県山忠本家酒造の「義侠 えにし 特別純米酒」。

義侠 えにし 特別純米酒
【Amazon】義侠 えにし 純米酒 720ml
【楽天】義侠 「えにし」純米酒 720ml

熟成酒特有の淡い黄金色をしており、熟成された香りが漂います。
冷やで飲むと、重厚な味わいと下にピリッとくる刺激を感じます。

義侠 えにし ちょこ

こういうお酒の場合、少し温めて「ぬる燗」にすると、ほどよく角が取れてまろやかになり、飲みやすくなるんですね。

ここで活躍するのが、おちょことお椀。
それらを使って「ちょこ燗」をしたいと思います。

お酒を注いだちょこをお椀等の中に置き、お椀にに熱湯を注ぐだけ。
数分待てばほどよく温まったぬる燗の出来上がり。

義侠 えにし ちょこ燗

濃厚な味わいはそのままに、刺激が少し丸くなりとても飲みやすくなりました。
一杯飲んだらお湯を足して2杯目を作る。
ちょっと面倒ですが、晩酌に少しだけ飲むのであれば手間もかからないのでオススメです。

鍋をつつきながら、温かい日本酒でほっこり。

塩麹鍋

あ~日本に生まれてきて良かった。

お燗を知ればもっと日本酒が楽しくなります、皆さんもぜひチャレンジしてみて下さいね!

ちょこ燗のアイデアはこの本から頂きました。

本格的に家で燗酒を楽しみたい方には、酒燗器がオススメ!

Pocket