「酒とITと私」日本酒の魅力とWebを通じた情報発信についてプレゼンしてきました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俺聞け4発表

先日開催された「俺聞け4」にて、「酒とITと私」というプレゼンをしてきました。

「俺聞け」とはウェブに関連して「いまこれが気になる!」という話題を発表したり
そういう話を聞いて「へー」などと言ったりするイベントです。

ウェブまわりでいま気になっていることを発表する会『俺聞け4』を開催しますより抜粋

Web×日本酒の話ができないかな~と思い、あれこれ試行錯誤しながらプレゼンを考え、発表してきました。

以下、プレゼンの概要をご紹介します。

まずは会場にいらっしゃる80名弱の方に、
「好きなお酒は何ですか~?」と質問。(複数回答OK)

結果は下記の通り。

ビールが好き : 約80%
ワインが好き : 約70%
日本酒が好き : 約30%

最近は酒を飲まないという人も増えてきているので、それを考えると結構酒好きの人が集まっているなという印象ですね。

この段階では、参加者の皆さんは「酒好きの人が今日は多いな」と感じつつも、特別に変だなとは思っていないはずです。
そこでこんな質問を投げかけます。

「同じ質問をドイツでするとどうなると思いますか?」

そう、もちろんビールですね。
ドイツでは国民一人あたりのビール消費量が、350mlの缶に換算して、年間460本にもなるのだそうです。
ドイツビールの楽しみ方:国民一人あたりの年間消費量は350ml缶で430本!

ではフランスではどうでしょうか?

当たり前のようにワインですね。
フランスの国民一人あたりのワイン消費量は750mlのワインボトルに換算して、年間76本になります。
フランス人の年間ワイン消費量は57リットル

ここでおやっ?と思いませんか?

ビールの生産地として有名なドイツでは当然ビールが、たくさんのワイナリーがあるフランスではワインがもちろん飲まれているのですが、日本酒の生産地であり多くの酒蔵が存在する日本で、日本酒よりも他のお酒の方が人気があるのです。

これは酒類の販売量のグラフです。

酒類販売数量
出典:酒のしおり(平成24年3月)〔販売(消費)数量〕

日本酒が占める割合はたったの7%。

そしてその量は年々減り続けています

清酒販売数量の推移

販売量が減り続けている背景には、日本酒人気の低迷が挙げらます。
日本酒は人気がない、イメージがあまり良くないんですよね。

例えば以下のようなイメージがあります。

1.においや味がキツい

2.悪酔いする

3.おじさんっぽい

でも、飲みやすくて悪酔いしない素敵なお酒も、もちろんあるんです。
ということでイメージを覆すような3つの日本酒をご紹介しました。

メロンのようなフルーティーな香り、
やわらかい甘み、
すっきりとした後味

エヴァンゲリオンの庵野秀明監督も大好きでアニメの中に度々出てくることでも有名なこのお酒。

旭酒造 獺祭

posted with カエレバ

バニラのような香り、
上品な甘み、
キレのある後味

あの中田英寿が日本中の酒蔵を巡り、これが1番だと認めたお酒。

高木酒造 十四代

熟れた南国フルーツのような香り、
まろやかな甘さ
旨味と酸味のバランスが絶妙

パリの三ツ星レストランにも並んでいる

萬乗醸造 醸し人九平次

posted with カエレバ

これらのような素晴らしいお酒、そして日本酒の魅力をWebを通じてもっと広めたいと私は思ったのです。

すでにWebを通じた日本酒の情報発信は行われつつあります。

こちらのサイトでは、動画やブログを通じて良質な情報を発信しています。
日本酒応援ファンサイト いいね!日本酒

全国80以上の蔵がFacebookページを活用しています。
蔵元Facebookページリスト

たくさんの日本酒イベントがオンラインカレンダーで管理されています。
日本酒カレンダー

ただ、これらの情報はおそらく日本酒が好きな方によく見られていると思います。

私は、日本酒に興味がない人にこそ情報を届けたい、そして専門用語をあまり使わずに誰にでも分かる言葉で届けたいというコンセプトでこの「酒勉」を公開しました。

日本酒を飲むようになれば、生活も変わります。

1.食事が楽しくなる

安物のお惣菜や、冷蔵庫の余り物で合ったとしても、お酒と合わせるだけで食事が楽しくなります。
日本酒は、刺身の生臭さを取り除き、魚の油をすっきりと洗い流し、食材の旨味を引き立たてくれるのです。

2.旅行が楽しくなる

旅行に行くと必ずといっていいほど、その土地の郷土料理に合う日本酒が見つかります。
その料理と日本酒をいただく事は旅の大きな楽しみになるでしょう。

3.友達が増える

蔵元交流会、蔵開き、試飲会、きき酒会など。様々なイベントに参加することにより、交友関係が広がります。

最後に、さらに興味を持ってもらうため、この後のおやつタイムで「吟醸生チョコ」を配りますよとご紹介。
これがかなり反応が良かったです^^

というような感じで、日本酒の紹介も織り交ぜながらWeb業界の話を中心に??お話させて頂きました。

あっという間に5時間のイベントが終わり、異常な程の参加率を誇る懇親会へ。

飲み放題メニューに「国士無双 本醸造 生貯蔵酒」があったので、それを注文して日本酒の話に花を咲かせました。
「今日はじめて日本酒がおいしいと感じました!」と言ってくださる方もいて嬉しかったです。

国士無双

ご覧のとおり。(実際は写真プラス5本くらい空けました^^;)

というわけで、「俺聞け」はとても勉強になるし、自分良いたい事をアピールでき、交流も楽しいイベントなので、ご興味がある方はぜひ次回参加してみて下さいね。

その他の発表内容はこちらからご参照ください。
【開催レポート】『俺聞け4』を開催しました #orekike

※冒頭の写真は久岡写真事務所さんにご提供頂きました、ありがとうございます。

Pocket